見て観る白と黒の家 | コンセプトハウス | 和光ホームズ株式会社

コンセプトハウス

見て観る白と黒の家

見て観る白と黒の家
見て観る白と黒の家

印象的な外観が人の目を引く
シックなモノトーンの佇まい

通りを歩いていると思わず目に留まる。

この家はそんな印象的な外観を目指しました。建物が林立する立地にひときわ目を引く白と黒、引き締まったモノトーンが冴えます。外観だけでなく建物の中もモノトーンで統一感をもたせ、シンプルで飽きることなく過ごせる空間を作りました。

また、風景との一体感が感じられるルーフバルコニーは、夕暮れ時に会話などを楽しみ、クールダウンした都心を感じられる開放的な空間です。

福島区モデルハウス外観
外観

ほどよい目隠しとなる黒いルーバーがアクセントの建物外観。3階建てのようにも見えますが、2階建ての建物です。

向かって左側のルーバー部分の上に屋上があり、向かって右側はバルコニーに面した部分の天井がとても高くなっています。

勾配天井でぐっと高くなっている天井
リビング上部の勾配天井

建物の屋根の傾斜を大きくとってあり、表通り側(リビング)の天井を思い切り高くしてあります。3枚の高所窓を設け、LDKの奥まで明るいフロアです。

コンセプト「見て観る..」は、建物外観を見る楽しみともに建物からの眺めも楽しめる、というところへの着目から来ています。

見て観る白と黒の家

土地面積  78.14㎡ (23.63坪)

建延面積  91.12㎡ (27.56坪)

勾配天井が明るく開放的な
家族が過ごすくつろぎ空間

勾配天井が開放的なリビング。黒色の琉球風畳をあしらったタタミスペースがモダンです。
勾配天井が開放的なリビング

ソファ脇の窓は高さ約2m。その上の高所窓は高さ約1.5m。この上ない開放感です。勾配天井がリビングを明るく演出し、昼間はほぼ照明のいらない空間になります。

奥の黒いフロアはタタミスペースです。

風通しのよいままで目隠し機能をもつルーバー
風通しのよいままで目隠し効果があるルーバー

約4.5帖のバルコニースペースの和室側にルーバーを設けました。

ルーバー部分はプライベート空間を守るだけでなく、日よけとして入り過ぎる日光から部屋を守ります。

2階部分のフロアプラン
● 洗濯洗面室

洗面室は広くゆとりのある広さで、洗濯物などの置き場にも困りません。

❷ 和室(タタミスペース)

LDKの一部を利用し和室(約2帖)を設けました。作り付けのカウンターもあり、勉強したり読書をするなどちょっとした時間に使えます。

黒い琉球風畳がモダンです。

アイランド風のキッチン
キッチンからの眺め

リビング奥の大きな窓までを見渡せる、すがすがしいオープンキッチンです。IHヒーター奥のオイルガードを、透明ガラスのものにしてあるのもポイント。

アイランド風のレイアウトなので、リビングや洗面室からアクセスがしやすく家事動線がスムーズです。

ダウンライトの採用でスッキリとした空間に
ダウンライトを使用

天井に出っ張らないダウンライトを採用しスッキリとした空間に仕上げています。

リビング上部の勾配天井
明るく眺めのよいリビング

リビング上部に設けた広々と開放的な勾配天井。大きめの窓を設けているので、昼間は照明をつけなくても豊かな自然光を取り込めます。

 

クールダウンした都心を
感じられるルーフバルコニー

前に張り出した屋上
前に張り出した屋上

建物から少し向こうにある川のほうへ垂直方向に長いルーフバルコニー。奥行きを感じながら風景を楽しむため縦長の形状となっています。

福島区注文住宅の間取り
● 1階に設けた各部屋 (右)

各居室を1階にまとめてあり、広い玄関からすぐ行けるスムーズな生活動線です。

● 屋上で気分転換を (左)

約7.5帖のルーフバルコニー。2階の大きな窓からの眺めとともに、屋上からの眺めも、この住まいの特色です。

L字に設けた上がり框
❹ L字に設けた上がり框

ひろびろと開放的な玄関ホール。上がり框をL字に設けてあるので靴の脱ぎ履きがスムーズにできます。扉横などにスペースを広くとっており、ベビーカーなども畳まずに置いておけます。

5帖+5.8帖の洋室

西側の洋室は間仕切ることで、将来的に2部屋として使うことができます。

風景との一体感を感じられる屋上

ブラケットライトが落ち着いた雰囲気を演出する、夕暮れ時の屋上。1日のにぎやかな営みが収束しクールダウンした都心をすぐそばに感じながら過ごしてみては。会話のはずむ開放空間として様々に活用していただけます。