TOP >  和光の家づくり >  プランニングと施工 > 現場管理体制

和光の家づくり

現場管理体制

現場で工事をする職人さんには、
整理・整頓・清潔・清掃・躾の
「5Sの遵守」を

徹底しています。

お客様の建物の最終間取図面が決まったら、いくつもの工事検査項目に従い、当社の設計士と現場監督の密な二重管理体制と、専属の棟梁大工や指定業者と共に、細かな部分まで気をつけながら、高度な施工精度の追求を実現しております。

施工マニュアル

着工から完成、お引渡しまで細部にわたり、すべての施工工程をマニュアル化しているので、常に安定した品質と性能の「和光の家」をご提供しております。

社内検査

お客様の理想の「家づくり」をする上で重要になってくるのが、施工段階での品質です。「和光の家」では、幾度にわたって社内検査を実施する事で、建物の品質を高めています。検査では、外壁から建物の隅々に至るまで徹底したチェックを行います。

専属大工・指定業者

どれだけ高級な材料を用意し、性能や構造にこだわりがあっても、最終的に家づくりの良し悪しは施工する人の技に左右されてしまいます。そのために、「和光の家」では創業以来厳しい基準をクリアした専属大工・指定業者を安定して抱え、技術力・施工力にこだわった責任施工で品質の高さを維持しています。

月例意見交換会

定期的に技術の研修会やマナー・安全講習を行い、新しい技術・工法の習得や技能の維持を図っています。「和光の家」の家づくりに共感してくれる職人たちが、それぞれの知識や経験を共有し、お互いが常に高い水準での家づくりに取り組んでいます。